FAQ – NEM.io財団事業体制 2019

NEM.io財団(以下「財団」といいます。)はプロダクトに特化し、収益性主導、そしてコミュニティ中心の組織として運営していきます。この新体制はブロックチェーンや仮想通貨業界の変化と、NEMのブロックチェーンプロトコル開発を統括するプロジェクト管理委員会(PMC)の発展への対応という位置づけで行われます。財団はプロトコルに貢献する一団体です。

資金の枯渇により職員の大多数は2019年2月末に解雇され、新体制に移行するためコミュニティや開発者からの資金援助を呼びかけます。

新体制のプロダクトチームは、技術、マーケティング、営業、財務、そして運営の分野の人材を世界中から集約します。地域による区分は存在しなくなり、財団に対するサービスプロバイダー(サービス提供者)として、テクノロジーによるソリューションを世界中に届ける存在になります。

1. これまでの体制はどうなるのでしょうか?

2019年2月末時点で旧体制は消滅します。新体制では、暫定のグローバルプロダクトチームリーダーとチームメンバーを公募します。サービスプロバイダーは各地域で独立して運営される法人として設立され、財団にサービスを提供します。

2. この新体制はいつ施行されるのでしょうか?

新体制への移行は間もなく始まり、資金が承認されれば2019年3月もしくは4月に完全移行する見込みです。

3. 各地域/各国のリーダーはどうなるのでしょうか?

こちらで提案した通り、各地域のチームはすべて新体制に移行します。

4. 財団における役職にも影響があるのでしょうか?

はい。レイオフ(一時解雇)の実施で多くの職員は、新体制に再び応募する必要があります。できる限り多くの役職を新体制に移行したいと考えていますが、すべての役職が新体制でも用意できるとは限りません。

5. 暫定プロダクトチームリーダーの応募資格はありますか?

新体制の資金が承認され次第、財団の職員を対象に応募可能な役職の公募が開始されます。人事部より告知され、選ばれた候補者については財団評議員が面接をします。役職の詳細は社内に告知されますので、何かご不明点があればHR@nem.foundationまでメールにてお問い合わせください。

6. 現在財団の職員であっても面接を受けなくてはならないのでしょうか?

はい。現在財団の職員であるかどうかに関わらず、全員に面接を行います。

7. 新体制のチームメンバーはいつ決定するのでしょうか?

すべて資金の提案が承認されてから施行されます。新体制の役職決定のタイミングは、全ての法的及び人事的要件によります。

8. この移行は誰によって行われるのでしょうか?

評議会と上級理事会は移行を行うための人事及び法務チームに加え、移行を管理するためのフルタイムの職員を指名しています。何かご不明点があれHR@nem.foundationまでメールにてお問い合わせください。

9. 財団の動向に関するロードマップは発表されますか?

はい。財団の新体制における役職に加え、2019年第1四半期までに予定されているCatapultのローンチと商用化についてのロードマップも発表される予定です。

10. 予算はどのように決定されますか?

予算は財務管理者とともに上級理事会と評議会メンバーで考案し、資金援助要請がコミュニティに提出されます。コミュニティはPOI投票によって予算承認について投票します。

11. 新体制での上級理事会と評議会メンバーの役割は何ですか?

Catapultの開発目標の達成、持続可能性、そして特に財団のガバナンスに関する活動を重点的に行います。評議会は、プロダクトに特化したリーダーシップ体制の経営管理を戦略的に機能させることに焦点を当てます。

12. 新体制でKPI(重要業績評価指標)はどのように設定されますか?

評議会とプロダクトリーダーが、新体制のKPIを設定するための事業戦略について共同で取り組みます。プロジェクト管理委員会(PMC)、コアデベロッパー、そしてコミュニティがKPIに関わります。KPIはCatapult開発、ガバナンス及び財政の持続可能性の支援を第一に考え、財団の全体目標とロードマップをつなぎ合わせます。

13. コミュニティはプロダクトリーダーにKPI(重要業績評価指標)の説明をしてもらうことができますか?

はい。KPIは財団のロードマップに記載され、新体制での説明責任と透明性の確保を実現するためにコミュニティに公開されます。

提携に関する質問

14. 現在ある国の中で「契約」という扱いになっている提携契約や了解覚書(MOU)がある場合、それらはどうなるのでしょうか?

財団の目的と合致するか否かの観点で契約を再検討します。

最優先の契約(例外的な承認)
ケース1: 財団の目的と完全に合致する現行の契約には以下が含まれます。
-システムインテグレーター提携
-財団の歳入拡大に関する契約
-NEMチームからのパートナーや部内者を通じた収益の見込みが高いコンサルティング業務、企業提案

これらの契約は、評議会によってケースバイケースで承認が行われ継続が認められます。

次に優先する契約(無期限保留)
ケース2:契約が、財団の目的と合致するが優先されるべきものでなく、保留される可能性があり、新戦略を検討中である場合。契約を保留する目的は、チームがCatapultのローンチと商用化、ガバナンス及び財務の持続可能性に完全に集中する環境を整えるためです。

上記については、以下のような契約が含まれます
-教育
-マーケティング
-統合の見込みの低いあるいはない企業提案

優先しない契約(無期限保留)
ケース3:現時点で財団の目的と合致しない契約
-コワーキングスペース提携
-ブロックチェーンハブ

15. 契約に法的義務や罰金がある場合はどうするのですか?

こうした契約は、評議会レベルで討議し個別に具体的に見直します。財団は新体制へ移行してもすべてのパートナーとの関係が維持できることを望んでおります。

16. すでに地域戦略が施行されている場合はどうなりますか?

これまでの地域戦略は場合により新体制に統合されます。

17. すでに計画されている活動がある場合はどうなるのでしょう?

活動はプロダクト特化チームのリーダーによって見直されます。例えば、イベントはマーケティング部門に分類され、マーケティング部門は事業開発部門とも協力してKPIを組織として満たすよう努めます。

サービスプロバイダーに関する質問

18. サービスプロバイダーとは何ですか?

特定のサービスのために契約した外部パートナーを指します。サービスプロバイダーは、プロダクトリーダーと共にKPIが満たされるように活動します。詳細はこちらの提案に記載しています。

19. NEMのサービスプロバイダーに応募するためにはどのような手続きが必要ですか?

提案要求(RFP)が出され、サービスプロバイダーは複数の質問が記載された「関心表明書」を財団に提出し、次に面接を受けます。サービスプロバイダーは、法人または個人事業主として登録されている必要があります。資金提案が承認されれば、より詳細な情報をお伝えすることができます。

20. サービスプロバイダーに通常業務がない場合はどうするのでしょう?職員はどのように確保するのでしょうか?

サービスプロバイダーは、自身の事業戦略に基づきチームを運営する必要があります。

21. 国内に複数のサービスプロバイダーが存在することはありますか?

財団との間に結んだサービス契約の内容によります。サービスプロバイダーになるためには、就業手続きの後に財団のエコシステムに加わるための資格を付与するサービス契約を結ぶ必要があります。

22. 財団のサービスプロバイダーになりたい場合、どんなことが期待できますか?

財団によるプロジェクトを行える可能性があります。こちらの提案詳細に基づいて実行可能なプロジェクトを選ぶことができます。適切な日に審査手続きについての告知があります。

23. プロジェクトのサービスプロバイダーを選出する基準は何ですか?

厳正な手続きによって決定されます。納期を守れることや、高いレベルの仕事、価値観との合致、長期にわたる戦略的提携の価値などの主要な基準が考慮されます。

24. サービスプロバイダーが財団からプロジェクトを受けるには、どのような手続きが必要ですか?

提案要求(RFP)の手続きがあります。提案要求に基づいた選考手続きがあり、最終的に最良の提案について交渉を行い承認します。プロダクトリーダーはCFO(最高財務責任者)とともに資金の支払いを行います。こちらで資金援助要求手続に関して簡単な説明をした動画ガイドをご覧になることができます。

25. プロジェクトの選定は誰が行うのですか?

すべてプロダクトリーダーによって決定され、すべての決定は文書に記録され定期的に監査されます。

26. 新体制の展開において、コミュニティはどのような役割を果たしますか?

財団としてはコミュニティを主要なステークホルダーと考えており、コミュニティにできる限り貢献していく予定です。まずはPOI投票による資金提案の承認から始まります。資金提案が承認されれば、コミュニティからのフィードバックをKPIの説明責任とプロダクトリーダーの選出結果に反映します。財団はプロダクトに特化し、収益性を重視する新体制を通じコミュニティに貢献し、コミュニティを支えるために存在します。

重要なリンクのまとめ

1.フォーラムへの投稿:https://forum.nem.io/t/nem-foundation-funding-proposal-2019/21859
2. 資金提案: http://bit.ly/NEMFoundationFundingProposal2019
3. 資金提案の動画:http://bit.ly/NFVideoFundingProposal2019
4. 資金提案のFAQ: http://bit.ly/FAQforFundingProposal2019

以上

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA