NEM.io財団、プロポーザルに関する投票開始のご案内

コミュニティの皆さまへ、

この記事はNEM.io財団の資金調達に関するプロポーザルの投票開始について発表するものです。下記には過去10日間のアップデートをまとめましたので、ご確認ください。

プロポーザルに関する説明文、資料等
フォーラムポスト – here
プロポーザルの紹介スライド(日本語) – here
よくあるご質問と回答- here
ビデオメッセージ(英語) – here

アップデート
5日目のアップデート(英語) – here
Core devsからの質問に対してNEM.io財団からの答え(英語) – here
カタパルトのモバイルウォレット計画について(英語) – here

過去のお知らせ
コミュニティの皆さまへのメッセージ – here
想定される質問とその返答 – here

可決要件

1. POIの3%による投票 (”YES”もしくは”NO” の両方を含むPOI総数の3%)
2. 投票総数の65%の ”YES”(賛成票)の獲得
3. 投票は五日間に渡り、2月16日の午前9時に始まり、2月21日の午前9時に終了します。
4. コミュニティメンバーであれば、NEM Wallet(旧Nano Wallet)を使って投票することができます。
5. 投票はNEMWalletのホームページ左上にある”SERVICES”をクリックしてから、 ”VOTING” が見えるまで下にスクロールしてください。そこをクリックしてから、”SEE POLLS”のリンクをクリックして頂きましたら、投票の選択肢が見えます。
6. 英文の投票ガイドはここをクリックしてください。コミュニティメンバーの@Stinghe_Dorianが作成したビデオガイドはこちらからお願いします。

概要

資金調達の提案が承認された場合、NEM.io財団はプロダクトを中心に構成された複数の新しいチームから成る組織へと組織改編を行います。これらのチームを率いるのは最高技術責任者(Chief Technology Officer)、最高プロダクトマネジメント責任者(Chief of Product Management)、最高財務責任者(Chief Financial Officer)、最高事業開発責任者(Chief Business Development Officer)、最高執行責任者(Chief Operations Officer)、最高マーケティング責任者(Chief Marketing Officer)と最高売上責任者(Chief Revenue Officer)です。

これらのチームはそれぞれが、NEMコミュニティーと評議会に対して、直接数値実績を報告し、投資対効果を上げ、透明性の維持と説明義務の責任を負います。
以下の理由により、NEM.io財団は今後もプロダクト重視、収益性主導、そしてコミュニティー中心の組織として運営していきます。

1. NEM.io財団は、マーケティングと事業開発を重点領域として取り組んできました。これらがCatapultを立ち上げ、商業化するカギとなるからです。既に、Catapultの採用促進のための総合的なデジタルマーケティング戦略と、既存の主要な戦略的パートナーシップ促進のための計画が策定されています。

2. 新しいリーダーシップチームはまだ発足1ヶ月ではありますが、透明性を保ち、説明責任を果たしていくことに邁進する所存です。代表に選出されたアレックス・ティンスマンは、POI並びに登録メンバーから最高数の投票を得て選任されました。

3. テクノロジー商品の機能性、開発者向けツール、プログラマーについて、野心的な目標設定をしており、NEMプラットフォームを業界最高のものにすべく取り組んでいます。また、最高売上責任者(Chief Revenue Officer)を任命することにより、収益性を重視して持続可能な組織となるための計画も新たに追加しました。

4. 今回は、かつてよりバーンレート(資本燃焼率)を60%削減した予算を提案しています。こうすることで、NEM.io財団は積立金を堅実に使用しつつ、高い実績を上げることが可能になります。この予算はまだ確定しておらず、これらの計画を遂行するための資金額を把握するまでには、まだいくつかのステップを踏む必要があります。

5. 2018年中のNEM.io財団の失敗と成功を振り返り、検証し、NEM.io財団に類似した成功している組織の概要を理解することに多大な力を注ぎました。この資金調達の提案が承認されれば、これまでの成功と失敗からの学びを礎に、今後は適切なリソースの配分ができると確信しています。

また、NEM.io財団は、NEMオープンソースプロジェクトとは独立して運営される別組織であり、NEMオープンシオースプロジェクトに貢献する複数のエコシステムのひとつでもあることを、改めてここでお伝えします。そのためNEM.io財団は、”NEM”ではありません。 NEMオープンソースプロジェクトは、力強く成長を続けています。

コミュニティーの皆さまには、このフォーラムへの投稿を活用して議論を行っていただき、NEM評議会はそこで挙げられたフィードバックを新しい組織に反映することをお約束します。投票期間は2019年2月15日午後6時(米国中部標準時)から2月20日午後6時までです。(日本時間2019年2月16日午前9時から2月21日午前9時まで)

資金調達が承認された場合、2019年は以下の3点が実現する予定です。

1) より多くの企業が収益主導型のカルチャーに基づいてCatapultを採用するようになります。

2) Catapultが立ち上がった時には、これまで以上に、パブリックチェーンやプライベートチェーンの取引が増加します

3) 明るい未来を創り出すべく、リーダーシップが強化され、ガバナンスはより強固なものとなり、より多くのサービスがNEMコミュニティー、パートナー、そして世界に提供されます。

また、NEM.io財団は、NEMオープンソースプロジェクトとは独立して運営される別組織であり、NEMオープンシオースプロジェクトに貢献する複数のエコシステムのひとつでもあることを、改めてここでお伝えします。そのためNEM.io財団は、”NEM”ではありません。 NEMオープンソースプロジェクトは、力強く成長を続けています。

ここ10日間でコミュニティの皆さまから、とても重要なフィードバックを頂きました。同期間中、NEMLabsのプロポーザルも発表されました。NEM.io財団はエコシステムに貢献する法人や個人をフルにサポートします。NEMLabsもPOI投票を開催しますので、コミュニティの皆さまにはNEM.io財団の将来のために、両プロポーザルに投票頂けることを願っています。

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA