Jeff Mcdonald

候補者名 Jeff Mcdonald
NEM ID NEM-001215
ポジション 評議員

NEM コアチームメンバー NEM 財団共同設立者
NEM 財団初期副代表
LuxTag 共同設立者

NEMコミュニティーの皆さまへ

皆さまにこれから書く手紙はなるべく長くならないようにします。なぜなら今となっては、多くの方は私のことを既に知ってくださっているので、まだ知られていない候補者たちについて皆さまが読んでくださる方がいいと思うからです。

私のNEMとの出会いは2014年1月に、他の多くの方々同様に、一般のコミュニティーメンバーとしてボランティアしたことです。私はNEMの最初のFacebookページを作りました。それで役割が終わると思ったのですが、様々な連鎖があり、継続的に活動に携わることになりました。プロジェクトが非常に多くのポテンシャルを持っていると思ったので、私は次から次へと仕事に立候補しました。正直、多くの仕事の基準値に私は到達していなかったのですが、実際やってみながら学んでいき、完璧に遂行できたとは思 っていませんが、自分自身がこなした仕事については満足しており、今のNEMを見ると誇らしいです。

2015年4月にはローンチを済ませ、私はコアチームの一員となっていて、NEM は数多くのプレスリリースを出してきましたが、第一弾となるプレスリリース、ローンチプレスリリースを私が担当できたことを誇りに思っています。

ローンチ後の2015/16年には、1番目と2番目のウェブサイトを作成、フォーラムの実施、モバイルアプリや NanoWallets 開発の監督、様々な人に私たちについて書いていただくことや NEM プラットフォーム利用の要請、Youtube でご覧いただける数々の NEM101 やスピーチを手伝ってきました。

2016年の終わりには、ロン、ロネル、私とでグローバル財団を始める計画を作りました。2017 年初期に開始し、光栄なことに私は副代表となりました。2016年末頃、私たちの時価総額はとても低かったのですが、世界中の素晴らしい人たちからなる財団の助けを得てNEMは3億USD以下1.5億USD以上の時価総額へと成長しました。これは私たちの投資家の皆さまにとっては500倍の利益でした。

2017年初期頃、私は燃え尽きてしまうような気持ちを感じ、残念なことに技術開発に対するサポートも受けることができず、私が監督していた初期バージョンのアプリたちは大きく前進することはありませんでした。さらに、私が生まれ育った北米はほとんどが無視されているようでした。

大学での仕事から引退し、財団及び副代表も少し離れていましたが、今、私は再び NEM に貢献していく準備が整ったように思います。私はNEMのために多くのことができると感じています。私は以前確保することができなかった健康なライフバランスを得ていくことを楽しみにしています。このような状況から、私は評議会員に立候補しています。私は次のことをゴ ールとしています:
1) 私たちのエコシステムの開発を再び軌道に乗せること、
2) 北アメリカ市場にてAlexを成長させることです。
私はすべてのことを以前のようにやろうとは思ってはいません。しかし、私がゴールとしている2点については最善を尽くします。私がこれをどのようにやっていくかはこれからわかることですが、誰が選挙後に何をするかにかかってきます。選挙で当選する他の人々と協力し合い、私の持てるすべてでNEMを以前よりもっと素晴らしいものにしていくと決めています。

真心を込めて

◆YouTube◆

◆Forum◆

https://forum.nem.io/t/jeff-mcdonald-for-nem-council/20961

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です