Manfred G von Nostitz

候補者名 Manfred G von Nostitz
NEM ID NEM-000058
NEM財団メンバーアカウント NDJDDO-CWVWTL-P7Z3NZ-7R4KMK-RWYQKC- F7HP75-L4HX
ポジション 評議員

NEMへの献身:

元カナダ大使、政府機関の長官、企業の役員、銀行員、西洋の技術会社をアジアへ誘致するコンサルタントを指導していました。

そして、1年前にNEMが市場での理想的なブロックチェーン技術であることを発見しました。

このようにNEMのコミュニティメンバーになった後、昨年より、NEM財団とブロックチェーン技術の理解を深め、NEMのために多方面に渡り動いてきました。そして今、NEMのブロックチェーンエコシステムを世界規模で全面的に展開していく決意と準備が整いました。

私の経験と資格でグローバルなNEMエコシステムのさらなる発展に付加価値をつけることができると確信しています。これがNEMの評議会の一員に立候補する理由です。

2018度におけるNEMへの貢献:

  • NEM/XEMへ4百万アメリカドルもの投資を先導
  • トロントにあるTapscott Blockchain Research Institute(BRI)と、カナダでのNEMパ ートナーシップを組みました。高く評価して頂き、好意で割引をしていただけるように交渉しました。
  • タイのクライアントと協力し、タイにNEMハブとなる場所を無料で提供してもらいました。このパートナーとThailand NEMのカントリーリーダーと一緒に、NEM ブロックチェーン技術を中心にタイでデジタルエコシステムの構築を進めています。
  • フィリピンでは、主要な大企業にNEMを搭載したLoyalCoinを紹介し、彼らは初めてブロックチェーン技術を体験しました。

地域間での協力:

NEMをより統一されたグローバル組織に変えて、全面的にコミュニケーションを強化したいと考えています。

私にはさまざまな地域間のNEMを繋ぐ橋渡しとなれる理由があり、ヨーロッパで強いつながりを持っています。

ドイツ語とフランス語を流暢に話すことができ、フランス生まれのドイツ系で、ドイツとカナダの二つの市民権を持っています。

私はカナダ政府で米国関連業務を広範囲に渡り担当し、米国(ワシントンD.C.)にも4年間駐在していました。キャリアの大部分はアジア太平洋地域における政府や民間部門との取引であり、現在までの20年間マレーシアに居住しています。

公的/私的セクターにおける経験の応用:

この幅広い組み合わせから構成された広範なネットワークにより、NEMをこれらの分野にどのように紹介し促進していくかという方法や洞察を得ることができました。カナダ大使として6つの異なるアジア諸国と関わり、アジアの銀行や中国の自動車会社の役員、国連国際機関のカナダ局長としての経験も連携させ、NEMブロックチェーンアプリケーションの潜在的可能性に対して有用なアドバイスを提供することができます。

ガバナンスの維持:

担当したどの組織においても、倫理、透明性、アカウンタビリティーを提議してきました。アジア工科大学、タイ開発研究院、オンライン音楽会社でのスターの発掘、e-Playスポーツ、Location Analyticsにおいて、取締役、および会長など幅広く経験しています。私が評議会に当選すると、これらの多様な経験をNEMの恩恵のために利用することができます。

財政管理の経験:

パキスタンなどの国々の大規模な援助プログラムを管理する分野、およびカナダ政府のセキュリティ分野における数百万ドルの膨大な予算を管理し策定しました。これらの予算組みの経験はNEMの評議会に引き継ぐことができます。私が最初に取り組むべき問題は、牽引力がなく、リソースを浪費し、NEMの変換が少なすぎる市場への過度な執行員の海外出張を削減することです。

技術の重要性:

他の組織よりもNEMは、所有している技術の質によって生き残るか消滅するが決まるでしょう。したがって、評議会員として初めに優先すべき事項の1つは、技術開発の最前線に立つことを第一の目標として、より多くの資金を振り分け、ビジネスにおける最高の軸となる開発者を採用することです。厳しい競争に残るために、NEMが新しく発表するものが最先端であることを確実にする必要があります。

マーケティングでの優先事項:

NEMはシグネチャ技術のより効果的なマーケティングを行う必要があります。 私は、アジア、ヨーロッパ、北アメリカにおけるNEMに関する知識の欠如を幾度となく目にしました。ブロックチェーン「gurus」を構成しているカナダ人の父(Don)と息子(Alex)のTapscottチームも、最初にパートナーシップ契約を締結したときにNEMのことを知らなかったです。現在のところ、NEMの認知度は、NEMが持つ優れた技術の質と釣り合っていません。

メディア関係の規模:

メディアを通じてNEMを宣伝するのにAlexandra Tinsmanよりも優れている人がいません。しかし、これは彼女1人だけではできません。アジアの視点から見ると、NEMは国際的なメディアにおいてひどく欠如しています。NEMの役員は、テレビインタビュー、プレス、ソーシャルメディアとどのようにかかわっていくのか学ぶ必要があります。

私は、銀行勤めの時から、政府およびコミュニケーションディレクターとしての経験があります。また、メディアインタビューのインパクトを最大限にする方法として人材を奨励しました。この点について、NEMの役員が重要なメディア業界にどのように効果的に影響を与えるかについて、戦略とプロセスを立てる役割を果たしたいと考えています。

ニュースにおけるNEMの認知度があまり無いという見解を逆転させる必要があります。そうでないと、NEMが何も進んでいないことを潜在的に関心のある人々にネガティブや生産性のないイメージを与えてしてしまうことにつながります。これを変えて、NEMを政府、企業、学問のダイナミックな先見性のあるブロックチェーンのリーダーにならなければいけません。

◆Forum◆

https://forum.nem.io/t/manfred-g-von-nostitz-for-council/20805

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA