Mark Burbach

候補者名 Mark Burbach
NEM ID NEM-001192
NEM財団メンバーアカウント ND3FX5ZQN77QXM5UFCCCVOIAO56H4EQU7JRPXRQI
ポジション 評議員

私は現在ITコンサルタントとしてインフラおよび自動化プロジェクトを中心に活動していて、IT業界 で10年以上の経験を有しています。過去に担当した顧客の中には、グローバル企業で地理的に離れたチー ムとのやりとりに精通している企業があります。 評議員として、以下に記載した軸となる分野においてNEMを積極的に展開させることが私の専門的な知識を利用することより可能になると思います。

私は現在、暗号通貨を含む他のプロジェクトでは活動していません。私の暗号通貨ポートフォリオの大部分はXEMで構成されており、長期的な利益に焦点を当てています。

1.) 選挙

テレグラムチャンネルでの長い議論からもわかるように、現在の選挙プロセスは、コミュニティにはあまり受け入れられていません。ですので、私が当選すれば、早急に新しい選挙方法を推進します。これらの新しい選挙は何らかの形でPoIを組み込む必要があります。その基本的なNEMの構成要素の1つで、NEMに関するすべての決定は、選挙によって決定されてきました。

重要な議題の1つは、新しい候補者の申し込みを許可すべきであるかです。本当にNEMを気にしているならば、全ての候補者は期限を守ることができたと思います。したがって、申請期間の延期は必要でないはずです。会員登録の方法が改善されたことより、新しい会員が投票できるように予定を延長するべきです。投票できる人が増えれば、新しい選挙結果はさらに正当化されるだろう。 現在、最も良い状況下で約300人のメンバーが投票できます。そして、これらの会員アカウントにはたくさんの偽アカウントがあるようです。長年にわたるコミュニティメンバーの多くは、現在、財団の一員ではありません。これらの全ての状況下を変える必要があります。

2.)財団メンバー

新しい会員の財団へのオンボーディングプロセスは大幅に改善されなければなりません。現在はすべての会員がニュースレターサービスを通じて管理されているようです。これは、実際の登録フォームからもわかるように、非常に安全ではないようです。

最終的には何らかの形のKYCが必要になります。これがPoI投票に関してほとんどの人にとっての問題となると認識しています。要件を明確にし、最終的に解決策を見つけるため、弁護士に相談することが必要になります。

実際PoIに基づく投票に重みを付けることは、操作を防ぐためには絶対に必要です。私は、シンガポールの法律と互換性のある何らかの形のKYCを経て、PoI投票に組み込むことができる解決策を見つけることができると確信しています。

3.) Catapultのロードマップ

現在、財団はNEMの構築をしたいメインの開発者とプロジェクトの間でのインターフェースとして機能していないです。メインの開発者がこれらのことを直接対応する時間がないので、緊急に必要です。もっと最近の例では、公開されたCatapult開発のロードマップです。

私はこれが簡単に修正できると信じています。NEMで構築されたプロジェクトを実行するために必要なCatapult 機能についての情報を収集するために、財団が積極的にプロジェクトと関わる必要があります。このリストに基づ いて、catapult機能の最小限のパッケージを編集する必要があります。私が知っている限り、Catapultにはプラグインアーキテクチャがあります。したがって、すべてのトランザクションタイプをプライベートネットで最初から提供する必要はありません。これにより、一般向けのCatapult開発プロセスが加速され、一部の企業にはNEM上にタイムリーに製品を導入する機会が与えられる可能性があります。必須のトランザクションタイプは、後で実装することはできません。

NEM財団は、NEMが順調に進み次の暗号通貨時代の準備ができているとコミュニティ及び投資家へ安心感を高めるためのCatapultのロードマップを最終的にリリースすることができます。

4.) NEMv2へフォーク

新しいcatapultバージョンへの実際のフォークは難しい作業になります。このイベントの計画をすぐに始めることが重要です。主な焦点は、フォークのすべての側面に関してコミュニティ全体との明確でオープンなコミュニケーションでなければなりません。
この繊細な問題をどのように進行していくかはコミュニティ内でコンセンサスが必要です。

また、XEMを扱うすべての取引所に対して明確なコミュニケーションが必要です。すべての取引所は今後のフォークを把握している必要があり、ユーザーの資金をどのように取り扱うかについて明確に指示をする必要があり ます。顧客の資金を浪費しないことが相互の関心事であり、これはすべての主要な取引所がフォークの前に現実的なスケジュールで達成することが可能である。

理想な流れは、XEMv1をXEMv2に変換するために、特定のアドレスに資金を送るという形でユーザー間のやりとりは必要ありません。私たちは、あらゆる状況下で、別の保守派の流れを避ける必要があります。つまり、すべての人がフォーク後にいつでもXEMv2を要求できる場合にのみアーカイブできます。

5.)追加のプログラマー

メインの開発者は、公開されたCatapultの開発に関する複数の業務をサポートできる新しいプログラマーの採用を財団に要求しました。これらは、より一般的なプログラミング言語でさえ、非常に難しいようです。特に NEM USAではこの点に関して正しい方向へ現在向かっています。

しかし、経験豊かなCプログラマーを見つけるためには、さらなる努力が必要です。したがって、財団は、少なくとも熟練のCプログラマーを見つけるために、ヘッドハンティング会社を利用するべきです。専門家がポテンシャルのある候補者を見つけ、革新的で野心的なプロジェクトのために働くように説得することができます。十分な熟練プログラマーを得るには多額の資金が必要ですが、その価値は十分あるでしょう。

6.) スーパーノードファンディング

現在のスーパーノードファンドは約2年後に資金がなくなるため、これからどのように進めるのか計画が必要です。現在のプログラムが延長されたスケジュールで稼動させ続けるための追加資金があります。スーパーノードプログ ラムをより持続可能にする方法を見つけるために、さらなる努力が必要です。また、必要なハードウェアを提供する場合に通常のノードオペレータにもインセンティブを与える方法を見つけなければなりません。これは最も早急に取り掛かる話題の1つではありませんが、焦点を向けておく必要があります。

そして、もしすでに退屈になった場合は、まだまだ議論すべきシルバーコインの話もあります、、、

さらなる議論や質問は是非このdiscordよりお願いします。定期的に利用しています。

https://discord.gg/Uxvmq6D

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です