NEM.io財団 進捗報告(2019年1月4日)

NEM 秘書執務室

2019年になり、上級理事会および評議会(総称して「評議会」といいます)に新たに選出されたメンバーは既に職務に就いています。新しい評議会として、今後定期的にNEMコミュニティおよび一般の方々と広くコミュニケーションをとっていきます。

新設された秘書執務室は、評議会を代表し公式の発表・アナウンスなどを担います。以下は、2018年12月に実施されたNEM評議会選挙以降の重要項目になります。

主要プロジェクトの執行について

私たちは、評議会とコミュニティから選ばれたメンバーを中心に主要な課題についての取り組みを実施します。カタパルトの開発は、その商用化、強力なパートナシップの締結および経済的な持続性に関する分野の解決と並び、力を入れて取り組む分野です。また、評議会は財務に関するレポートおよび法的な基準を策定しており、それらは然るべきタイミングで関係者により公表される予定です。

引き継ぎ計画に関する進捗

前評議会との間にコミュニケーションの場を設け、スムーズな引き継ぎがなされています。以前にご説明した通り、引き継ぎ計画にはあらゆるパートナーシップに関する情報、契約・法的書類、従業員に関する情報、財務情報が含まれており、それらは今後新たな評議会に引き継がれます。新体制への移行は順調に進捗しています。更に、私たちはコミュニティの皆様に、POI投票を通してその声を反映して頂こうと考えていますので、こちらに関しては近日中に公式にアナウンスを行う予定です。

Mark Price氏の評議員の辞任

一つ残念なお知らせがあります。2019年1月1日に公式に着任する前に、Mark Price氏は評議員職を辞退しました。彼が辞任に際して挙げた理由の一つとして、評議員職を担うためには、時間と能力面で多くの関与が必要となり、NEMの技術にはコミュニティの立場から貢献をしたいという意向がありました。私たちは彼の活躍を願うとともに、可能な範囲で彼と協働するでしょう。評議会は、プロジェクト責任者が任命されるまでの間、 Pedro Gutierrez氏とAnton Bosenko氏が共同でカタパルト開発の進捗を率いることについて合意しました。

三つの最優先課題

私たちは、今後数か月にわたり、カタパルト開発、ガバナンスおよびサステイナビリティー(経済的な持続可能性)に対し集中して取り組みを行います。すべての責任者と従業員は、これら三つの課題分野を主な目標として心にとめ、NEMの世界展開が常にこれらの重要課題への取り組みに資するように活動します。社内的な構造改革を推し進め、NEMブロックチェーン・プラットフォームの成長を支えるに際して、チームで機能し明確な結果を効率的に生みだすことに集中します。

私たちは進捗があり次第、遅延なくまた適切なタイミングで情報共有を行います。コミュニティの皆様には、私たちが新体制に移行するに際して、引き続きご支援を賜りたく思います。私たちは厳しい状況の中、新体制を発足させていますが、今後も引き続き我々の役割に注力していきます。

2 Responses

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *