NISサーバー・データベース定義の資料を公開

NEMコミュニティのエンジニアの皆さまのお役に立つべく、NEM JAPANにてNEMブロックチェーン(v.1)のER図(ERD: Entity Relationship Diagram)をIE表記で作成いたしました。データ型、データ長、NOT NULL制約など記載しています。
VERSION 等の有効値やコード値は、API ガイド等を参照してください。

NEM のブロックチェーン(v.1)の調査、分析などの際に、エンジニアの皆様に使ってもらえましたら幸いです。

【図の使い方】

  • LOGICALは論理設計ですが、物理設計からのリバースですので、物理と全く同じです。
  • テーブル名、カラム名を日本語に翻訳しました。
  • PHYSICALは物理設計で、テーブル名とカラム名は、NISのデータベースと同じとなります。
  • グレーになっているテーブルは、別のページで記述されているものです。
  • カラム名の頭についている「 * 」は、NOT NULLを指しています。
  • 全てのテーブルのプライマリーキーは ID となります。ただし、列順は2つ目の場合もあり、ER上はすべて一番最初の列になっています。

NEM NIS DB(全ファイル一括ダウンロード)

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *