PEDRO ELIGIO GUTIERREZ QUINTERO

候補者名 PEDRO ELIGIO GUTIERREZ QUINTERO
NEM ID NEM-000930
NEM財団メンバーアカウント NAPS4Q-V3SGAC-QTWU6K-6LMDD4-RQV7K7-XVMVPD-Q722
ポジション 評議員

Pedro Gutierrezは、技術分野における起業家として長いキャリアを持つシステムエンジニアです。
2001年から2003年まで、中南米で最初のオンラインオークションサイトであるderemate.comのカテゴリー・マネージャーとして、インターネット・バブルに参加しました。

2008年には、ベネズエラ初の歯科フランチャイズの創設者兼CEOを務めた。ベネズエラ国内にある17もの手術施設のウェブ予約を可能にしたプログラミングのパイオニアです。

ベネズエラでのフランチャイズ事業がもたらした成功により、2015年から2017年の間にはコロンビアとベネズエラのフランチャイズ・チャンバーの主任ディレクターに任命されました。

2016年に、SynergyCriptoAdviserという会社をコロンビアに設立。暗号通貨やブロックチェーンに携わる人達を対象としたトレーニングをサポートする会社であり、現在PedroがCEOを務める。また、主要ブランドの中南米進出についてもアドバイスしています。

2018年、NEM.io財団のNEM LATAM(中南米)地域リーダーに任命され、NEMのブロックチェーン技術とこの技術がもたらす影響を中南米地域の産業、商業、教育機関、そして政府に広める役割を担います。

実績

  • コミュニティ
    • 10カ月間に50ものミートアップを実施。国内外のメディアで25以上の出版物に登場し、企業や政府のための高性能ブロックチェーンであるNEMについて語りました。
  • マーケティング
    • メキシコシティ・メキシコ:メキシコシティのOpen Space of Torre BBVA Bancomer
      にスピーカーとして参加(2018年6月)
    • ブラジル・リオデジャネイロ:連邦議会の副議長Aureo Ribeiroが参加した、リオデジャネイロ大学でのcriptomoneda(暗号通貨)の規制に関する議論を行った。
    • ブラジルのデジタル通貨規制に関する法律プロジェクトを起草 (2018年6月)
    • アルゼンチン・コルドバ:地方自治体コルドバによるNEM Blockchain Conferenceの実施(2018年2月)
    • ウルグアイ・モンテビデオ:ウルグアイゴルフクラブで開催されたBlockchain Summitに登壇(2018年9月)
    • コロンビア・ボゴタ:Blockchain Summit Bogotáに登壇(2018年10月)
    • 企業、教育機関、政府機関との提携
    • ベネズエラ・カラカス:ベネズエラ中央大学との提携、NEMのブロックチェーン技術に関する工学部の概念化(2018年6月)
    • コロンビア・メデリン:アンティオキア県で地方自治体、教職大学、地域のビジネスリーダーを対象としたNEM技術開発の実施および生産性の向上を目的とした支局設置(2018年5月)
    • メキシコ・メキシコシティ:メキシコ銀行との直接的なパネル活動にXEM / NEMを組み込むことを目的としたCoinBTRと提携、およびメキシコにおける法律の二次公布における正式な正当性の確立(2018年10月までに公表予定)
    • サンチャゴ・デ・チレ:ビジネスケースへNEMブロックチェーンの適用を許可する、サンチャゴ・デ・チレでのビジネスブロックチェーンとの提携(2018年5月)
    • 政府機関のe-Government(電子政府)と、ウルグアイ政府の企業である情報社会 AGESIC
    • ウルグアイ・モンテビデオ大学、NEMの導入と学生へのトレーニング提供
    • ウルグアイカトリック大学、NEMの導入と学生へのトレーニング提供
    • ウルグアイ・共和国大学、NEMの導入と学生へのトレーニング提供
    • ラスベガスでの登壇:マンダレーベイのChainXChangeイベントでNEMブロックチェーンについて
    • 10月:建物から都市まで、あらゆるタイプの居住環境における持続的な発展のための新基準開発のパイオニアであるNOXTAKとの提携。SPIRO®ソリューションは、電子機器を改善しながらあらゆる種類のelectropolution(電磁波による影響)を中和し、健康を損なうことなく家庭やオフィスでの使用を可能にするものである。
    • 11月:UNITECとベネズエラ間でMOUを締結 – UNINET Foundationは、会計、法律、財務、最先端技術、協同組合、エンジニアリング・マネジメントなど、幅広い分野における対面、複合、遠隔またはバーチャル教育、継続教育(すべて教育部門に関連している。)を通じて、個人、公的および私的機関の一体形成を促進する非営利団体である。
    • 進行中:
      • アルゼンチン・コルドバ:ブラス・パスカル大学とコルドバ国立大学との提携により、学生および教員を対象としたNEMの技術に関する教育
      • アルゼンチン・ブエノスアイレス:モロン大学と協働した、学生および教員を対象としたNEMの技術に関する教育
      • アルゼンチン・コルドバ、ラプラタ、ロサリオ::国立工科大学と協働した、学生および教員を対象としたNEMの技術に関する教育
      • アルゼンチン・コルドバ:都市起業家との協働による(国内のすべてのテクノロジー企業、Intel、free market、McAfee、HP、Santander Riverといった35以上の国際企業の170,000m²に及ぶディスプレイ
      • アルゼンチン:科学技術省 – NEMのアポスティーユのシステムの設置
      • アルゼンチン:開発者を対象とした、文部省と学校のPROの概念化
      • ベネズエラ・マラカイ:ビセンテナリア・デ・アラグア大学 – 中南米のNEMによるブロックチェーン上での一級レベルシステムの開発
      • Globant – アルゼンチンのソフトウェアコンサルティングおよび多国籍企業。ウルグアイで大きな発展を遂げており、NEM.io財団との提携に興味を示している
      • Code of the South – 主に米国に輸出を行っているウルグアイのソフトウェア会社
      • UNAM(メキシコ国立自治大学)- NEMの導入および学生へのトレーニング提供
      • メキシコ・カンクン: BitCuners
      • メキシコ・グアダラハラ:Hackers & Founders
      • メキシコ全土:Startup Mexico
      • メキシコシティ:RegTech(法律部門)
      • 11 月25 日〜30 日、スピーカー兼スポンサーとしてのBlockchain Americas
        Summitへの参加
      • NEMとNOXTAK間の提携により、2019年1月にラスベガスで開催されるCESでスマートシティエリアの大きなパビリオンにNEMのブースを設置

2019-2020年の方針および戦略計画

戦略:

評議員として、NEMが政府と企業レベルに到達することを目標とし、NEMの進歩、導入、推進に向けて最善の決定を下すために、私が有するビジネス評議会の知識と経験を提供します。

このことを胸に、専門性を持った評議員となり、柔軟性をもって意見に耳を傾けますが、意思決定の時点では断固たる信念をもって決断します。私は、財団が、議論をもってして有益なパートナーシップ、開発、そして提案を得ることを常に唱えます。

中南米地域責任者として、私が展開する戦略は以下の通りです:

  • マーケティング
    • カンファレンス:中南米諸国の様々なカンファレンスやブロックチェーン・暗号通貨業界のイベントでのスピーカーおよびスポンサーとしての参加(NEM)
    • 地域を対象としたNEM.io財団コミュニケーションツールの提供:
      • コミュニティ(中南米)のコンサルティングや交流のためのTelegramチャンネルの設置
      • YouTubeチャンネル & 番組:
        ・LatiNem:国際レベルでのプロジェクトの進捗状況や主要提携企業へのインタビューのレポートの実施およびコミュニティへの提供
        ・NEM Academia:消費者にNEMプラットフォームのさまざまな機能の利用方法を教える教育動画
        ・スペイン語のニュースウェブサイト:コミュニティが地域や国際レベルでNEM財団の革新について学び、 新しい公開物に関する通知を受け取ることができるブログ: nemespanol.io
    • 地域のPR会社の雇用:地域レベルでのイメージ管理を目的とし、マスメディアへ対し技術的かつ企業的アプローチでNEM財団の存在を広めることを可能にする
    • ブロックチェーンソリューションに関する大きな影響:成功的なユースケースや主要分野での業界のベンチマークとなるブロックチェーンのアーキテクチャと導入において、NEMプロジェクトの存在を地域で顕著なものにする
    • ○PROGRAM NEMprendedores (NEMtrepreneurs):ブロックチェーンがもたらす影響について、社会の根底から意識を高めようとするプロジェクト
    • 異なる分野への技術提供:中等教育学校の最終年度の学生を主な対象とし、学校で起業家精神フェアを開催し、実際に実装されているNEMブロックチェーンを用いた最高のソリューションを考案したチームに賞を授与する
    • メディア:各NEMBassyは各国メディアとのパートナーシップを構築し、NEM関連のイベントを報告する
  • パートナーシップ
    • 大学でのNemLabs:地域の大学と協働し、新しい技術が、大学の同じ分野のプロセスにおいてどのように実装できるのかについて生徒や教師を対象としてレクチャーを行う。このプログラムは、実行可能なPOCを作成する卒業生または大学院生を対象とした制作活動を含む。
    • 非営利団体と民間団体:NEMは実際のケースを解決する度に成長する。財団としての目標は改善をもたらすであろうすべての分野でブロックチェーンの導入を追求することであるが、それは決して我々が定める費用において行うものではない。 NEMはこれまで通り、倫理的に助けとなるものである。
    • 政府:パイロットプロジェクトにおけるNEM技術に関する教育の提供とそれに続く導入のために、NEM、地方自治体そして政府間の統合について調査し、その後、各国での導入を行う
    • 他のブロックチェーンイニシアチブとの提携:NEM技術の使用と実装を促進し、国際的にNEMの認知度を高めるために、他のブロックチェーン関連企業との提携を行う
  • 開発と実装
    • 各NEMBassyはNEM開発者によってトレーニングおよび承認された各国のソフトウェア開発会社と戦略的提携を行い、各管轄区域での実施開始に向けて準備される
    • 地域パートナーはコロンビアで中南米初のBlockchain Centerを設立し、ブロックチェーン技術の観点から、開発者と起業家、および機関を対象にトレーニングを提供し導入をサポートする。また、このスペースは、大規模なカンファレンスやサミットのリクエストにおいて、最も重要となる。
    • Catapultプロジェクトの技術サポート計画を作成する。これは当社の最高のSI(システム統合)企業と協同で行われ、この新しいソリューションにより開発者に最適なサポートを提供することを目的とする。
  • トレーニング
    • NEM 101 Meetups:地域での活動を3倍に増やし、より多くの主催者に加わり、より多くの支払い以上の手段としての暗号通貨XEMを普及させる
    • NEM 201 Meetups:独立開発者によるNEMの技術ブロックチェーン導入を鼓舞するため、NEM認定の開発者を対象としたさらに多くのイベントを開催する
    • NEM Hackathons:開発者がNEM技術を実装できる場として、少なくとも年に3回地域の大規模カンファレンスでハッカソンを開催する
    • NEM Latam(中南米)のチームを対象としたトレーニング

◆商業訓練:大使や主催者を対象にビジネスおよびコミュニケーションスキルを高め、責務をより効率的に果たせるように指導する訓練
◆技術トレーニング:Latamの技術チームに所属する大使および主催者に対し、ブロックチェーン技術の進歩を年に一度提供し、常に市場の最前線に立たせる

方針:

  • 内部方針
    • すべての大使は、起業家、テクノロジー企業の所有者であり、ブロックチェーン技術について精通している必要がある
    • 大使は、別のブロックチェーンプロジェクトの大使や、NEM.io財団のイメージに反するプロジェクトを行うことはできない
    • 大使は、承認のために評議会に報告し、利益を財団に譲渡することを条件として顧問となることができる
    • 評議員は、評議会による事前承認を得た顧問であり、財団に利益を譲渡する
  • 財務
    • 月額報酬と払い戻しの割合は、支払日前の2週間の割合で計算される。このようにしてボラティリティを軽減する
    • 月額報酬は毎月15日に支払われる
    • 払い戻しの義務は、毎月最初の5日以内に提示し、同月20日までに払い戻す
    • NEMは、開発会社が当社のロゴを使用する場合、年間$ 10,000〜$ 15,000の手数料を設定する。当該開発会社は、当社の開発者によるトレーニングと認定を受ける。
    • 新しいNEM Blockchain Centerを設立し、有力パートナーとのフランチャイズモデルを通じて拡張する。これはNEM財団に持続可能性を加えるものである
    • NEMコントラクトは、特に政府と、より大きな契約を直接的に実施することができるため、これらの資金はNEM財団に保管され、開発プロセスの卓越性を保証する。 このプロセスでは、営利目的の法人を設立する必要がある。
  • マーケティング
    • 人口が7万人以上の大都市では、月に2回のミートアップを開催する
    • 中南米オーディエンスに対しNEMブランドの露出を高めるため、マーチャンダイジングと販促POPのためのファンド設置

◆Forum◆

https://forum.nem.io/t/pedro-e-gutierrez-q-for-nem-council-member/20662

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

CAPTCHA