RICARDO MEDRANO (TRIKAR)

候補者名 RICARDO MEDRANO (TRIKAR)
NEM ID NEM-000727
NEM財団メンバーアカウント NBDBDJA7NVZEVZNCFGFVAI4ZAYJDISS35JSRYZCP
ポジション 評議員

皆様、Ricardo Medranoです(Trikarとも呼ばれています)。スペイン出身で、パートナーシップディレクターとして香港のNEM.io財団に所属しています。まず、NEMでの私のバックグラウンドについてお話します。

私は法律学位とデジタルマーケティングのディプロマを有し、過去にいくつかのスペインの電気通信会社の法律顧問として勤務していました。フリーランスのコンテンツライター、コミュニティマネージャー、Netflixなどのブランドの マーケティング担当、そしていくつかの国際ブロックチェーンプロジェクトに携わりました。2017年にオーストラリアに移住し、そこでNEM.io財団チームと出会いました。その時「NEMの技術とコミュニティが好きだ」と思ったのです。そして、シドニーでNelson、Jason、Thanhと一緒にNEM.io財団での活動を始めました。今年6月には香港に移り、NEMに従事しています。

私を知っている人なら誰でも、私のNEMへの情熱を疑わないでしょう。昨年、個人的な理由から多くの旅行をしました。時には自分の資金と時間を使って、どこに行ってもNEMを宣伝し、そしてコミュニティに出会うことができました。(日本では「Ninja(Hiroki Koga)」に出会い、ウィーンではNem Barを体験し、ビリニュスではPaulとGaryに出会いました。スペインではFernando、インドネシアではYafiと出会いました。上海のNEM中国チーム、台湾の Floraとも出会い、彼・彼女のチームから香港でのミートアップに参加してくれたメンバーもいます。世界中の NEMチームと出会い、チームの活動内容に非常に感心しています。

当初、私は選挙で評議会ポジションへの立候補は考えていませんでしたが、コミュニティでの議論を行った最後の数日間は、私が変えなければならないと思っているものについてたくさん考えるようになり、立候補をしました。私はNOIZChain、AENCO、CryptoFootball、Tutellus など、NEMを統合している多くの Blockchainプロジェクトをサポートし、NEM Community Fundを通じたプロジェクトの支援にも携わっています。皆さんNEMについてたくさんの良いフィードバックを与えてくれましたし、これらもまた私に「変化」のアイデアを与えてくれました。

私は、個人的に失うものはありません。NEM.io財団を離れる必要があったとしても、継続してNEMをサポートします。私が選出されなければ、少なくとも新しい評議会とプレジデントが私の方針の考え方の一部の採用を検討することを願っています。

評議会に選出された場合、次の問題に焦点を当てたいと考えています:

  1. NEM.io財団の手順と方針を修正する必要がある。財団が定める規定事項や選挙の手続き方法から、財団の代表者の責任と説明責任(実行委員会と評議会を含む)を明確にし、私たちのチームが同じ目標と成果に確実に取り組むようにする。
  2. 地域間の内部コミュニケーションが機能していない。異なる地域内でさまざまな作業方法があることを理解しているが、コミュニケーションを通じた基本的なレベルの国際協調が必要であり、これには広範なNEMコミュニティが含まれる。また、異なるNEMコミュニティチャンネル間でどのようにしてどこでコミュニケーションをとるべきかを見極める必要がある(例:モデレーション(議論管理)や役割に柔軟性を持たせることができるDiscordのようなオプションの検討)。
  3. すべてのNEM財団の代表者が、潜在顧客またはメディアに話す前に正確かつ最新のNEM機能に関する知識を一定レベル確保するようにする必要がある。これは、代表者が最新の情報に簡単にアクセスできるようにし、重要事項について、必要なヘルプやトレーニングを受けることを含む。
  4. 定期的に(名前、地域、所在地を含む)更新され、すべての代表者の連絡先の詳細を含むパブリックリストを作成し、またすべてのNEM担当者の連絡先リストを含む内部データベースを作成する必要がある。
  5. 他の従事者が開発者やトレーナーを対象に、主要地域のNEMについてのトレーニングの実施および認可を行う権限を与えるシステムとプロセスが必要である。 NEM Centre of ExcellenceやNemSPのようなプロジェクトはすでにいくつかあるが、より多くの人々がより多くの地域でNEMを使用できるようにするためには、これを優先する必要がある。
  6. NEM mosaic、そしてもちろんXEMを使用したいプロジェクトが直面する障壁を取り除くために、主要ウォレットサービスや取引所と協力する戦略が必要である。現在の戦略は、NEMを無償で上場登録するウォレットや取引所とのみ協同することである。しかし、これはNEMで構築したいプロジェクトには問題を引き起こし、受け入れ幅が広いERC-20を統合することが多い。ERC-20レベルでNEM mosaicを標準化する必要がある。

◆YouTube◆

◆Forum◆

https://forum.nem.io/t/trikar-for-nem-foundation-council/20518

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です